社長のブログ

2022/10/12 12:01

北野天満宮御茶壺奉献祭

11月26日北野天満宮にて御茶壷奉献祭が行われました。この祭は天正15年10月1日豊臣秀吉公が北野天満官御神前にて自ら点茶し奉献、千利休らをして北野松原にて催した「北野大茶湯」に由来し、12月1日の「献茶祭」...

2022/10/12 11:58

紅葉の宇治で

本日取材があり、宇治の界隈を回りました。ご覧の様な美しい紅葉に圧倒されました。「宇治茶まつり」の行われる興聖寺(こうしょうじ)様も取材をさせていただきました。写真なそんな取材の一コマ。本日の取材が...

2022/10/12 11:56

オーダーメード

仲良く並んだ2つの茶壷。このブログでも時々、「茶壷口切りの儀」で使用される茶壷についてお伝えしています。この宇治の地で抹茶(テン茶)を扱う仕事をさせていただいていると、「口切りお茶事に使うので茶壷...

2022/10/12 11:54

Autumnal Sky

出張で飛行機に乗りました。分厚い雲た垂れ込めているのに、そらは美しく夕焼けに染まっています。前を離陸したボーイング777が美しく沈む夕日の向こうに消えていきました。離陸して太陽の方に向かった機体が雲の...

2022/10/12 11:52

Talk about Tea

自宅に写真の様な本が2冊届きました。中身はアメリカの茶の権威、ジェームス ノーウッド プラット氏による著書、ご本人からです!氏は「茶の辞典」を著されたことで有名で、私も手に入れようと思っていた一冊...

2022/10/12 11:50

どこにいても

出張でニューヨークの郊外に来ています。マンハッタンから電車で2時間半、写真の様なすばらしい自然に抱かれた郊外の村、ミラートン。ここにアメリカで、いや、今や世界で指折りのスペシャルティ ティーの専門...

2022/10/12 11:47

暑い日が続きます

厳しい暑さが続いています。出張で東京に出掛けてまいりました。宿泊したホテルから国会議事堂を望むと早朝でも雲ひとつない青空が広がりこの日は38度の猛暑。それでもどこかカラッとして盆地京都の夏よりはマ...

2022/10/12 11:45

巣立ちのとき

松北園は旧奈良街道に沿った旧木幡池畔に建っています。昨年、一昨年の水害でも報道されたとおり、水害が起こると水に浸かることから、経験的に数メートル盛り土をした土地に社屋が建っています。よって、道路か...

2022/10/12 11:43

梅雨明け

近畿地域にも梅雨明け宣言が出されました。京都府の二番茶も殆どの生産を終え、てん茶を少し残すのみとなっています。休日の昨日、家族と琵琶湖に出かけました。琵琶湖は国内最大の湖で、写真の様な砂浜があちこ...

2022/10/12 11:42

和束町を訪ねて

先週のことですが、久しぶりに和束町を訪ねてきました。和束町は宇治茶の主産地の一つ、京都府の南部に位置します。いわゆる、中山間地で茶畑は下の写真の様な斜面にいちする茶畑が主体となります。真っ直ぐな平...

2022/10/12 11:40

水出し宇治茶 リモデルしました

台風一過の本日、本格的な夏を感じさせる日差しとなりました。このたび、松北園ではご好評の水出し茶をリモデル、新発売致しました。涼しげなパッケージに託すのはどれも本格的な水出し冷茶用の宇治茶です。原料...

2022/10/12 11:36

いろいろと準備中

二番茶もピークを過ぎつつあります。全国的には史上マレに見る様な相場展開と聞きます。京都もその御多分に漏れない二番茶のスタートとなりましたが、ピークに差し掛かり、品質が充実するに従って相場も持ち直し...

2022/10/12 11:34

籠破り

一番茶の終わりに製茶の終わりのご苦労さん会を「籠破り」と呼び、宴席を設ける習慣があります。所謂、茶業界の「打ち上げ」です。一番茶に大凡の目処がついた先週、業界の仲間で集まって「籠破り」を設けました...

2022/10/12 11:33

京都府産一番茶ほぼ終了

休市となった本日は、一番茶の最終コーナー、玉露や碾茶の最終的な持ち込みが大量にありました。玉露が3000キロ、てん茶が1000キロ程度の入荷となりました。写真は地元東宇治地域で生産された玉露400キロ。外観は...

2022/10/12 11:30

お茶好きさん

宇治新茶の製造がピークに差し掛かった先の日曜日、弊社を14名のお客様にご訪問いただきました。一行は神奈川県の鎌倉で「お茶の歴史講座」においてお茶の歴史を学ばれているメンバーの方々です。その講座におい...